トップメッセージ" 事業内容 会社情報 お知らせ
ホーム>トップメッセージ

トップメッセージ

ソニー、オリンパスの先進技術の融合で、医療の発展に貢献します。


深谷 孝
代表取締役副社長 倉本 聖治
小河 克徳
代表取締役社長 小河 克徳
外科手術の世界では、低侵襲で安全な手術が求められています。そのための外科医療機器として、硬性内視鏡や手術用顕微鏡があります。硬性内視鏡を用いた内視鏡下手術は、低侵襲であることから近年急速に普及し、さまざまな分野で標準術式として定着しつつありますが、限られた視野や奥行き感の中での施術が求められます。一方、手術用顕微鏡を用いた手術では、奥行き感や拡大画像は得られるものの、接眼を長時間にわたり覗かなければならないこと、また接眼により術者の姿勢が制限されるなどの負担があると言われています。これらの外科医療機器において、術者の負担を軽減し、さらに手術を安全に行うための技術が求められています。


ソニー・オリンパスメディカルソリューションズは、内視鏡および手術用顕微鏡をはじめとした外科医療機器、手術環境に対して、3D/4Kなど先進のイメージング技術を駆使することにより、これらの課題解決に貢献したいと考えています。

私たちの技術を活用した外科医療機器ならびに手術環境によって、術者の臨場感をもって「見たい」という要求に応え、術者が期待する視覚の提供を目指しています。

さらに、ソニー・オリンパス両社が保有する豊富な技術とソニーの業務用機器を応用展開し、医療機器・映像機器の統合ソリューションに貢献していきます。

私たちは、有機的に連携する革新的な医療機器への技術の提供を通じて、術者の負担軽減と手術室の運用効率の向上、さらには医療の進展に貢献していく所存です。

どうぞ私たちの活動にご期待ください。

2019年4月

ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社
代表取締役社長
小河 克徳

代表取締役副社長
倉本 聖治




代表取締役社長
小河 克徳(おがわ かつのり)

1969年東京都生まれ。
1991年ソニー株式会社入社。TV、ディスプレイ、デジタルカメラの商品設計に携わる。
2011年同社 CPSG PI&S事業本部 イメージング第2事業部 商品設計2部 統括部長。
2014年同社 メディカル事業ユニット ライフサイエンス事業部 副事業部長。
2015年同社 メディカル事業ユニット ライフサイエンス事業部 事業部長。
2018年ソニーIP&S株式会社 メディカルビジネスグループ BU1/BU2 ビジネスユニット長。

代表取締役副社長
倉本 聖治 (くらもと せいじ)

1964年横浜市生まれ。
1988年オリンパス光学工業株式会社(現オリンパス株式会社)入社。内視鏡用処置用レーザーの開発に従事。
1994年オリンパスアメリカ赴任。開発リエゾンとして北米における外科内視鏡探索、製品導入を担当。
1999年外科事業推進部、企画営業グループ、チームリーダー。外科内視鏡関連のマーケティングを担当。
2003年オリンパスアメリカ赴任。外科シニアリエゾン。北米外科内視鏡ビジネス全般、事業拡大を担当。
2009年マーケティング本部 外科マーケティング部 部長。
2013年ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社 商品企画部 統括部長。
2017年ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社 代表取締役副社長。現在に至る



関連リンク